今回は「Raspberry Pi3(Raspbian Jessie)をアクセスポイント化してWiFiで動画配信する」方法について説明します。

最新のRaspbianはStretchですが、こちらのほうでは他の端末からWiFiに接続することができませんでした。また、他のサイトではJessieを使っている方が多いようですので、今回はOSをそちらのほうに入れ替えてアクセスポイント化を実施しました。

今回の環境

・OSには「NOOBS_v2_4_1」で「Raspbian Jessie」をインストール

Raspberry Pi3 Model Bを使用(※Raspberry Pi3 Model B+にもNOOBS_v2_4_1を入れようとしてみましたが、インストールできませんでした。よって、B+に上記のOSは入れられないかもしれません。。)

・アクセスポイント化するまではインターネット環境があること

アクセスポイント化の手順

アクセスポイント化するとWiFiでインターネットに接続することができなくなってしまいますので、先に必要な機能はダウンロードしておく必要があります。

MJPG-Streamerのインストールと設定

RaspberryPiにつないだWebカメラからの映像をWiFiから取得するために、先にMJPEG-Streamerをインストールしておきます。

RaspberryPiとMJPG-Streamerでライブストリーミングをする方法

参考にしたサイト

今回は以下のサイトに掲載してある手順でアクセスポイント化することができました。

Raspberry Pi 3のWIFIをAPモードにする方法

上記のサイトそのままですが、私が設定した手順は以下の通りになります。

ソフトウェアのインストール

WIFI側をDHCPクライアントから外す

ファイルが開いたら一番下に以下を追加して保存します。

WIFI側のIPアドレス設定

ファイルが開いたら以下の部分を変更します。

hostapdの設定(AP設定)

これでファイルが開いたら以下の内容を入れて保存します。
このファイルを登録します。
これでファイルが開いたら以下の部分を変更して保存します。

dnsmasqでのDHCPサーバー設定

ファイルが開いたら以下の内容を入れて保存します。

ソフトの自動起動登録

リブート&接続確認

上記までの手順を実施してリブートするとWiFiで「Pi3-AP」が表示されますので、パスワードの「raspberry」を入力すると接続することができます。この段階で接続できない場合は手順が合っていない可能性があります。

WiFiに接続してWebカメラの映像を見る手順

上記までの手順でリブートするとアクセスポイントまでの手順は完了しているので、WebカメラをRaspberryPiに接続して「MJPG-Streamer」の方を起動しておきます。

コンソールを立ち上げて以下のフォルダに移動しておきます。このフォルダに移動しておかないと次の「MJPG-Streamer」の起動がうまくいかないのでご注意を。

次に「MJPG-Streamer」を起動しておきます。

これでブラウザからWebカメラの映像が見れる状態になっています。ブラウザを起動して「http://プライベートIPアドレス:8080」もしくは「http://localhost:8080」を入力して「Stream」のページに移動してみましょう。Webカメラの映像が出てたら成功です。

スマホやPCからRaspberryPiのWebカメラの映像を確認してみる

スマホやPCでRaspberryPiのWiFiに接続して映像が見れるか確認してみます。WiFiで「Pi3-AP」を選択して、パスワードの「raspberry」を入力します。これでエラーがでなければ接続することができています。

・PCの場合

・スマホの場合

スマホやPCでブラウザを立ち上げて「http://RaspberryPiのアドレス:8080」を入力します。するとRaspberryPiのWebカメラの映像がスマホやPCからも見ることができると思います。RaspberryPiのIPアドレスを確認したい場合は「ip a」と入力することで確認することができます。

・PCの場合

・スマホの場合

以上、今回はRaspberry Pi3(Raspbian Jessie)をアクセスポイント化してWiFiで動画配信する方法をご紹介させていただきました。他のサイトを見てもできなかった方々の参考になれば幸いです。