大学に入る時期になったら奨学金を借りるかどうかで悩む人達も多いのではないでしょうか。

実際、大学の学費などを払うために奨学金を利用するという人も多いと思います。私もその一人です。しかし、私が最近感じているのは奨学金を利用しなければよかったと思うのです。

今回はその理由を説明していきたいと思います。

まず学生の頃は勉強と部活動で全くアルバイトを私はしていませんでした。よって奨学金を返すようになったのは社会人になってからです。私は100万円以上の奨学金を学生の頃に借りましたので、それを月々で返済していくことになります。

でも、 社会人になりたての頃のお給料がとても低いです。大体の新社会人が20万円に満たないぐらいだと思います。これは決して余裕のある金額ではないので、その中から奨学金の返済に当てないといけないのは非常につらいです。

また、奨学金を借りる時には返済する時のことをあまり考えずに使ってしまうと思います。使うのは簡単ですけれども返済するのはとても大変です。だから奨学金を借りることはあまりおすすめできません。

私は奨学金を返済するのがとても大変だと感じていたので、後輩に奨学金を借りるかどうか相談された時には、奨学金を借りるのはやめておけとアドバイスしました。

その後輩が何年後かに奨学金借りてなくてよかった。と言ってくれたので、あの時のアドバイスは正しかったのかなあと感じています。その後輩は学校に行ってる間も頑張って自分でアルバイトをして学費を払っていました。アルバイトもう大変だったと思いますが、頑張って稼いだんだなと思います。

きっと誰もが真似できることではないと思うので、全員が全員すべての学費を払いきるということはできないと思います。でも可能な限り払える分は払っておいたほうがいいと思います。

でないと、社会人なってから借金スタートとなってしまいます。奨学金を借りなかった人たちはそういう返済がないので、比較的楽に生活することができます。自分は奨学金は返済しないといけないと思うこともあるでしょう。そうならないように奨学金は極力借りないほうがいいと思います。

もう少し奨学金を借りない方がいい理由として、奨学金を分割で返済する際には利子が付いてしまいます。まとまった金額を借りてしまうと利子だけでも何十万になってしまいます。これを返済するのは非常にもったいないですよね。その点から言っても奨学金を借りない方がいいと思います。

親が奨学金を借りなさいと言ってくることもあると思います。でもその場合、借りるとしても最低限の奨学金にしておいた方がいいです。もっと借りちゃったら?と言ってくる親もいると思いますが、その言葉には耳を傾けない方が良いかなと思います。借金を返済するのは自分です。その自分が将来辛くならないようにしっかりとした意思を持って奨学金は借りないと伝えるようにしましょう。
またその分アルバイトなど頑張って生活費を稼ぐようにしましょう。その時頑張った努力は自分の自信となって帰ってきます。そこで遊び呆けてる人は将来が大変になります。だから将来楽になる後は必ずしも保証できませんが、今楽をした人が将来力をするということありません。だから学生のうちから自分で稼ぐという力を身につけておいた方が良いでしょう。

そうすることで自分にも力がつき、奨学金も借りる必要がなく、社会人になったら自分の好きなことにお金を使うことができます。

以上が社会人なった僕からまだ奨学金を借りる前の人達にお伝えできることです。これを読んでくれた人が奨学金について改めて考え直してくれると嬉しいです。以上!!!