今回は壊れたドライヤーを自分で修理する方法をご紹介したいと思います。

ドライヤーを長く使用しているといつかはコードが断線したりして使えなくなることがあります。

ドライヤーの本体は故障していないのに交換するのはもったいないですよね。

そういうときは自分で修理してしまえばいいと思います。

ドライヤーの修理で準備するもの

準備するものを以下に挙げます。

・壊れたドライヤー
・ハンダごて
・ハンダ
・カッター
・ハサミ
・ビニールテープ(絶縁のもの)

上記のものを用意すればドライヤーを自分で修理することができます。

「ハンダごて」を持ってなくて使ったこともないという人は、ドライヤーを買い替えたほうがいいかもしれません。

ドライヤーを修理する手順

次に修理の手順を示します。

①断線部分を確認する

②断線部分をハサミで分断する

③カッターで銅線の周りの被覆をはがす

④一本目の銅線同士を結びつける

⑤一本目のハンダ付けを行う

⑥ビニールテープでハンダ付けした周りを巻く

⑦ニ本目の銅線同士を結びつける

⑧ニ本目のハンダ付けを行う

⑨ビニールテープでハンダ付けした周りを巻く

⑩ハンダ付けした部分が引っ張られないようにコードを二本ともグルグル巻きにする

⑪コンセントに差して動作確認をする

以上の手順でドライヤーを修理することができます。

本体が壊れたときは自分でセルフで修理するのは難しいでしょう。
そのときはドライヤーを買い替えてしまいましょう。

作業時の注意点

以下に作業時の注意点を記載します。

・コンセントから外して作業すること

・発熱したら作業を中止すること

・修理後のドライヤーは使用後にコンセントから抜くこと

感電や火災などが一番恐いので、十分に気をつけて作業を行いましょう。

以上、今回は壊れたドライヤーを自分で修理する方法についてご紹介させていただきました。