NodejsをWindowsにインストールする方法

NodejsをWindowsにインストールする方法

Nodejsってどんなものなの?

サーバーサイドのJavaScriptで、非同期のため非常に早く処理を行うことができます。
サーバーサイドとクライアントサイドの処理を行うことができるため、エンジニアはこのNodejsを覚えればどちら側の処理もプログラミングすることができるというメリットがあります。

NodejsをWindowsにインストールする方法は?

今回、色々と機会がありNodejsを自分のパソコンにインストールすることになりましたが、インストールの段階で分からないことが多かったです。

そこで今回は、NodejsをWindowsにインストールする方法をご紹介したいと思います。

Nodejsのダウンロードとインストール

まずはNodejsの公式サイトにいき、インストーラーをダウンロードしてきます。

①公式ページのダウンロードをクリックします。

②画面を少し下のほうにスクロールするとインストーラーの種類が選べますので、『Windows Installer (.msi)』の『64-bit』をクリックします。

③『実行または保存しますか』と表示されるので、『実行』をクリックします。

④インストーラーが表示されますので『Next』をクリックします。

⑤チェックボックスにチェックを入れて、『Next』をクリックします。

⑥あとはインストーラーの内容に合わせてインストーラー実施します。

⑦以下の画面が表示されたら『Finish』をクリックしてインストールが完了です。

Nodejsがインストールされたか確認する方法

以下の方法でNode.jsがインストールされたかどうかを確認することができます。

①コマンドプロンプトを起動します。

②『 node -v 』と入力し『 Enter 』キーを押します。

すると、Node.jsがインストールされている場合には、Node.jsのバーションが表示されます。

今回はNodejsをWindowsにインストールする方法についてご紹介させていただきました。

Nodejsを使用すれば色々と面白いものが作れそうなので、皆さん試してみてくださいね。

IoTカテゴリの最新記事